北海道産&YG補強

いつものように「むし博士」さんにお邪魔していた際、電話で北海道産の
オオクワガタの在庫問い合わせがあったようなのですが、応対した奥様に、
店長さんが凄く迷いながら「うーん…無いって言って」と仰っていたのを
横で聞いていた私。電話が終わるや否や、すぐ店長さんに詰め寄りました。
「いやぁ、実は私も探してるんです…北海道産^^」(ありますね?の意
黙って奥に引っ込んで、北海道産持って来て下さいました(イヤな客だw

この個体は来年の春に店長さんがブリードされる予定だったそうで、昨年
店長さんが直接採集したメス(2年間でこの♀しか採れなかったとか…)の
持ち腹の子です。表記上はWF1になるのでしょうか。大きさは70mmです。

IMG_7397.jpg
厚沢部町産オオクワガタ。顎が小さいですけど、物凄く綺麗な個体です。
ペアの♀は、むし博士さんで累代されているF3の子を譲って頂きました。

北海道産は、とにかく採れる卵が少ない(店長さん談)らしく、こちらと
しては好都合。YGのかたわら、少数精鋭で累代します。幸い「むし博士」
さんも累代されておりますし、定期的に血を入れ替えて、いつか北海道産
のオオクワガタで80mmアップを達成出来たら道産子冥利に尽きますね!
厚沢部MN血統(むし博士のM、私のHNのN)とでも勝手に名乗りますw

さてメインのYGですが、実は裏で取り引きさせて頂いてまして、ある方
から来期の種親を補強させて頂きました。個体の方は来週届きますので、
着弾次第また改めて記事にさせて頂きます。結構エグいやつ来ますからw
そろそろこのブログ「初心者が能勢YGで破産するBLOG」にしようかな;

2017年系統図

現在飼育中している幼虫の系統図を作成して、右カラムに反映させました。
歴史を遡って調べましたが、改めて沢山のブリーダー様の歴史を感じる事
が出来て良かったです。せっかくなので2018年系統図も作成したのですが、

IMG_7106.jpg
3代前が全部yasukongさん1201www。怖いよぉ(((((((( ;゚Д゚))))))))

系統図は後々に余品をオクに出品する際に、判断材料として使ってもらえ
そうかなと思い作りました。勿論、自分でラインを考える際にも使います。

あとは、クワガタ取引専用のヤフオクアカウントを新たに作ってみました。
ID【Nagi_866】ですw。旧ID【tomoko_520215】は、暫く凍結します。
評価0だと何かと不便なので、適当に何か落札して数字上げておかねばw

今更ながら思うこと

本当今更なのですが、所有している82.5mmが改めて好きな形だなってw
オークションで一目惚れし、お譲り頂いた初めてのオオクワガタでしたが、
その後、この子よりイイと思える子は数える程しか見ていません(親バカ

IMG_7103.jpg
大鍬悶左衛門様 16A2-34-825 (866系)

昨日もジャレてました。ストレートで長い顎、綺麗な肌。そして866純血。
何と言いますか、所有している他の♂とは漂う雰囲気が違う…気がするw
もう慣れたのか、手に乗せても全く嫌がりませんし、とにかく可愛いです。
大きければ勿論嬉しいですが、この血を良い形で次世代に残したいですね。

いやぁ…カッコイイwww(しつこい

龍さんライン経過

YGで書く事があまりないので、無理やり途中経過を報告させて頂きますw

■能勢YG血統 1番ライン(17R1)
♂87.7mm(860×540) × ♀55.0mm(855×531)
2017/6/27割出。7/3に初令で投入。投入から6週間経過。
簡易温室で26℃(±1℃)管理。
-----------------------------------------------------------------------------------------
・17R1-1 >投入1ヶ月半でやっと食痕キター!落ちたと思ってました;
・17R1-2 >食痕を残し続けており、生存も確認。1番ライン期待の星。
・17R1-3 >投入1週間で食痕確認するも、以降は音沙汰なし。
-----------------------------------------------------------------------------------------

■能勢YG血統 2番ライン(17R2)
♂88.2mm(873×550) × ♀59.5mm(855×531)
2017/7/12割出。7/25に2令初期で投入。投入から3週間経過。
簡易温室で26℃(±1℃)管理。
-----------------------------------------------------------------------------------------
・17R2-1 >まだ食痕確認出来ず。2番ライン唯一の初令投入です。
・17R2-2 >食痕は1番目立つ。投入時よりも巨大化しているのを確認。
・17R2-3 >投入してすぐに食痕を確認するも、以降は音沙汰なし。
・17R2-4 >まだ食痕確認出来ず。
・17R2-5 >投入1週間で食痕確認。菌糸の質は1番悪そうで心配。
-----------------------------------------------------------------------------------------

IMG_7085.jpg
左がボトルが真っ白になり心配だった17R1-1。右が期待の17R2-2です。

クワガタ採集

奥さんのお婆ちゃんの家に行きました。上川町に近い愛別町という場所。
隣家まで500m以上先という超田舎。キングオブI・NA・KA!(怒られる;
となりのトトロに出てくる田舎の雰囲気に凄く似ています。最高の場所。

IMG_6788.jpg

お婆ちゃんに聞いたところ、周囲の山は、だいたいお婆ちゃんが所有して
いる山らしく(話のスケールがもうおかしい…)、やりたい放題です(ぉ
もちろん自然破壊など論外ですが、気ままに森に入れるのは最高ですよね。

IMG_6706.jpg
クマ出ますけどね。

先月も目と鼻の先に出現したらしく、念のためクマ除けの鈴を装着して、
明るいうちに周囲をルッキング採集です。去年は少し時期が遅く数匹の
ミヤマのメスしか採れませんでした。唯一やっと見つけたオスは道路で
ひっくり返っていて少し動いていたのですが、掴もうとした途端にガクッ
と絶命するという衝撃の結末。絶命する瞬間なんて初めて見たわ!(怒
今年こそでっかいオスを採りたい!65mmのノコや70mmのミヤマとか。



で、その結果がコチラですドンッ!

IMG_6717.jpg

はいはいメスメスメス(´・ω・`)。オスはなんとか2頭確保。オス捕まえた
のは25年振りくらいでしたので、見つけた時はテンション上がりましたw
大きさは60mmに満たないサイズでしたが、アゴは結構立派なエゾ型です。
ただ足に力が無く、近々寿命が尽きそうでしたので、すぐに逃がしました。
来年こそ暑い7月くらいに来て、でかいミヤマを採りまくろうと思います。

裏磐梯太郎丸さん

いやぁ~、私大好きなんですこの方。ちょうどオオクワガタを始める前に
初心者としてYouTubeで動画をUPしていらして、もう全動画見てますね。
よし、自分も飼ってみよう!という後押しをして頂いた方かも知れません。
飼育に関してもかなり参考にさせて頂いています。温室とかモロパクリw

そんな太郎丸さんが遂にメインラインのYGの掘り出しをされたようです。
太郎丸さんの興奮が伝わってきて、全然関係ないのにドキドキしたー!!
結果に関しましてはネタバレをしたくないので、↓の動画をご覧下さいw
https://www.youtube.com/watch?v=Fqa2X_uuZt4

虫友さんって素晴らしいなぁと思いました。自分も頑張らなきゃですね。

ヒメオオ産卵セット

ヒメオオクワガタ用の産卵木が届きました。ブナのカワラ材です!いっそ
硬いコナラで妥協しようかと思う程、ブナが出回っていなくて大変でした。
今回は「富山のクワ貧」さんにお譲り頂きました。ありがとうございます!

IMG_6572.jpg
Mサイズなのに思っていたよりデカイです!ってか、なまら硬いwwww

そんなわけで、オオクワでやる事が少ない期間は、ひたすらヒメオオの
産卵チャレンジをして過ごそうかと思っております。先日ペアリングする
かなぁと思い、同じ小ケースに入れてみたのですが、♂は固まって動かず、
♀はひたすら動き回って、全くペアリングする気配なし。1時間ほど様子
を見てみたのですが、少しづつ♂が♀を攻撃する仕草を見せ始めたので、
今回は終了~。♂に関しては、ほぼ間違いなく新成虫、未成熟かなぁと。

IMG_6574.jpg

♀に関しては未成熟ではなくて、持ち腹の可能性も高いので、念のために
産卵セットを組んで♀を投入してみました。結構ガッツリ加水しています。
小ケースじゃないと床下に収まらないので、ぎゅうぎゅうですw…ごめん;

昨晩投入し、今朝様子を見てみたら潜ってました。齧った跡もありました
ので、ちょっと期待しています。そんな簡単に産むわけないんすけどねw

ブリードルーム

私のブリードルームですが、妻との夫婦会議により、2階の納戸(1.5畳)
に決まりましたw。現在私が使っている部屋は、あと数年もしないうちに
長男に強奪されるため、温度や、誰も立ち入らないだろう条件の空間を
探すと、もう納戸しか残ってないっていう…ちくしょおおおおおwww

IMG_6416.jpg

納戸は正直かなり狭いですが、温度の上下動が少なく、北海道ならでは
の低気温ベースを生かして、基本的には温める事で温度を調節する空間
が作れそうな気がしています。心配なのは気密性の高さからくる空気の
循環の悪さですね…。とりあえずルミナスのメタルラックを1つ貰えた
ので、これをスタイロフォームで囲って大きな温室を作ろうと思います。

昨日購入してきたヒメオオペアは常時20℃の1Fの床下に行っています。
若干ダニが付着していたので、デスマットに変えてしばらくの間放置!
奥さんが付けた名前は予想通り、ヒメオとヒメコになっちゃいましたw

家族が増えました

いつもの「むし博士」さんに立ち寄ったら愛しのヒメオオクワガタが!!

IMG_6451.jpg
30~50mmの4ペア。先週、道内の厚沢部町で店主さんが採集されたWD。

でもオオクワ居るしなぁ…産卵に関しては最難関種だって聞くしなぁ…と
暫く悩んでいたら、店主の大島さんのジャブがちょこちょこと飛んできて
気付いたら倒れてたwwwwあの親父いいパンチ持ってんなwwwwww
30mmのめっちゃ可愛いチビも居たのですが、1番大きい50mmを購入っ!
オオクワでいう80mmUPくらいの結構大きい個体といった感覚でしょか。

IMG_6455.jpg
足が長いチビオオクワという感じ。小型のわりに動きもかなり遅いですw
スレなど無い綺麗な個体なので、2017年生まれの新成虫かなと思います。

IMG_6459.jpg
もういっちょ。メスは35mm。プロゼリーと並べると小ささが分かります。

そんなわけで、クワガタ飼育のタスクが増えてしまいましたが、やっぱり
ヒメオオは可愛いです!越冬させたら産卵チャレンジ頑張ろうと思います。
(話を伺う限り、水分を含んだメチャクチャ硬い材にしか産まないらしい)
高標高に住む種なので高温に弱いらしく、暫くの間は床下で飼育かしらん。

2018年ブリード予定表

何かしたかったので、早くも2018年ブリード予定表を作っちゃいましたw
時期になりましたら、この表をそのまま2018年の管理表として使用します。
1番2番ラインが、待ちに待った866系100%、当方自慢のインラインです!
菌糸は種親とは異なってしまうのですが、神長さんのS3を使う予定です。
最近猛威を振るっていると噂の、オアシスも使ってみたいんですけどねw
とにかく無事に越冬を終えて、ペアリング頑張りたいです。待ち遠しい…。

大型狙いの3番以降のラインも考えてはいるのですが…、2019年には現在
育成中の幼虫達が、えげつない大きさで完品羽化して種親へ昇格している
はずなので(シネ、2018年は今年のように里子幼虫を譲って頂き、乗り切る
のもアリなのかも知れません。即ブリの85mm♂なんてお高いでしょうし;

-----------------------------------------------------------------------------------

>T様
こんなBLOGにお越し下さりコメまで頂きまして、ありがとうございます!
お返事させて頂きたいのですが、鍵付きコメントの為、お返事が出来ない
状態です。よろしければ、メールアドレス等を教えて頂けると嬉しいです!