FC2ブログ

マツノ久留米着弾

今年もマツノさんから久留米を補強させて頂きました。実は非常に欲しい種親がおりまして、
急遽、松野さんに連絡をとったところ、なんと希望の種親は既に★に…orz。気を取り直し、
「それじゃ松野さんが最高にカッコイイと思う子を下さい!」という非常に厄介で頭の悪い
お願いをしたら、「小さいけどメチャメチャ綺麗でバランスの良い子がいるよ!」との事で、
「そういう情報待ってました!買いまーすwww」という大変スピーディーな売買が成立w

1776.jpg
♂77mm、♀49mm (17-76(15-13×15-10))
76番は唯一種親に84mmを使った17年最終ラインだそうです。マイナーすぎて震えますねw
しかし15-13は優良ラインですし、系統図を辿ると13-1、13-16と良い血が沢山入ってます。
♀は同腹をお願いしました。76番は綺麗な子が多いラインと聞いて、迷わずインラインです。

1777.jpg
もう1枚。いや、流石に松野さんがすぐに頭に浮かんだ子だけあって、メチャクチャ綺麗です。
私が飼育しているオオクワの中では断トツイケメン。気に入ったのでもう1♀掛ける予定です。

IMG_0201.jpeg
そんなわけで、来期のマツノ久留米は世間様とは一線を画すラインとなりますw。とは言え
マツノ久留米ですし、勿論サイズも期待していますが、目指すものはあくまでも究極美です。

始動

7月に自己採集した厚沢部産♀の持ち腹から採れた卵が無事に孵化しました。そんなわけで、
ぴにゃさんと私以外、誰一人として注目していない「厚沢部NP血統」が爆誕致しましたw

IMG_9867.jpeg
思い入れがあるだけに、可愛さもひとしおです。

結局、1回目の産卵セットで卵、幼虫と合わせて計18頭が採れ、マット産みまでしてました。
出来すぎと言って良いと思います。少し可哀想ですがもう一度組んで、30頭を目指します!

IMG_01720.jpeg
本当によく頑張りました!申し訳ないけど、もうちょっと頑張ってね…(;´д`)

厚沢部NP血統の今後なのですが、大きさは勿論、スタイルにも拘りながら長い目で進化して
いけたら良いなと思っています。恐らくぴにゃさんは近い将来、ご自身で店舗を構える人だと
勝手に思っておりますので、いつか出来るそのお店の代表的ブランドになれば最高ですねー!

IMG_01650.jpeg
今や週2でお邪魔している基地ですが、いつの間にか改装されて成虫棚が出来ていました…w

IMG_9883.jpeg
菌糸ですが、私は「北斗恵裁園」さんのオオヒラタケを使用します。恵裁園さんに立ち寄った
翌日に42.5ミリが採れたという一方的な縁wがありますし、やはり北海道産には拘りたいです。

前述したように誰も注目していないのは承知ですが、我々にとってはメインであるYG、マツノ
と同等か、それ以上に思い入れのある血統です。長い目で見守って頂けたらとても嬉しいです。

厚沢部産、2本目

厚沢部産のボトル交換をほぼ終えました。3月末に卵で採り、4月頭孵化。S3プリカに1ヶ月
入れた後、5月頭に1本目投入しました。使用菌糸は殆ど神長のS3で少しスパルタ飼育ですw
親虫♂はWDからの持ち腹で産まれた70.7ミリ。♀はショップで累代されてきた49.2ミリです。

IMG_9250.jpeg
A1801-13 ♂23.5g

assabuNM_0803.jpg

結果、25gを超える子は出ませんでしたが、個人的には少し育ち過ぎた?と思っているくらい。
設定している温度より上に1℃以上外してしまった日も多く、その影響かも知れません(;´Д`)
投入の遅かった2頭をまだ交換しておりませんが、食痕の感じだとこれ以上は出ないでしょう。

3本目は20g後半から30gの間に収まって欲しいです。その中から80ミリUPを狙っていきます!
あ、ちなみに♂は4本返し。♀は3本返しになると思います…。やはり3月の採卵は早すぎた!w

厚沢部NP血統への道

ぴにゃさんと一緒に採集して、札幌まで持ち帰った厚沢部産のオオクワガタ♀42.5ミリですが、
ぴにゃさん宅で産卵セットを組んで1週間と少し経過…。材は勿論クマモンさんの最強材です。

様子が気になるので、昨日また基地にお邪魔してきたのですが(今や週イチで通ってますw)
パッと見た印象は「うーん…」という感じ。齧った痕が少なく、表面の菌が再生しているのは
♀がうろうろしていない証拠。良くて五分五分、おそらくは産んでいない感じがする材でした。
※産卵セットの写真を撮るの忘れてましたorz

ただ、材をひっくり返してもらうと、裏には微妙に怪しい箇所があったので、少しだけですが
割ってみたところ、明らかに埋め戻しが!!…これは来たかと割り進めるも、まさかの空っぽ;
純粋なワイルドという意味で持ち腹が最高だったけど、これはペアリングから再スタートかな
と、絶望に近い空気が流れる中、念のためにもう一ヶ所、埋め戻しを割り進めていった結果…。

IMG_9270.jpeg

卵キタ━━━━☆゚・*:。.:(゚∀゚)゚・*:..:☆━━━━━!!!!

しっかり跳ねるし、色も悪くない。まだ確信は持てませんが、おそらくは大丈夫だと思います。
今期、200個以上のオオクワガタの卵を採りましたが、こんなにも嬉しかった卵は初めてです。
このまま20くらい産んで欲しい…!無事に孵化しましたら、また改めてご報告させて頂きます。

Gullさん血統トレード

少し前の話になるのですが、NemoさんからGullさん血統の幼虫が我が家に着弾しております!
我が家からは同じくGullさん血統である1806ラインをトレードして頂きました。既に管理表も
UPしておりますので、ぜひご覧下さい。(ウチのサイズが若干劣っているのはご愛敬でーす;)
管理されている中から3ライン、3頭ずつ選ばせて頂きました。正直、どのラインもヤバイです!

IMG_6839.jpeg
Yuipapa氏860(1620)×Gull氏490早期(1709)
Gull氏850(1608)×Yuipapa氏530早期(1704)
Gull氏840(1611)×Gull氏500早期(1709)

我が家には居ないGullさんの血ですので、今後の楽しみが凄く増えました!Yuipapaさんの血
は初めてなのですが、問答無用のトップブリーダーさんですから(お師匠様の先輩様ですしw)
こちらも羽化が非常に楽しみなライン。Nemoさん、この度は本当にありがとうございました。

http://nemodorcus.blog.fc2.com/
Nemoさんのブログです。血統は勿論、管理の徹底っぷりが素晴らしいブリーダーさんです!
今期はブリード初年度にして87ミリを2頭出されているそうで、いきなり雲の上のお方ですw;

高まる!!

キングの計らいで、ミヤマごはんさんにメッセージを貰ってしまった…!ありがとうございます;
ミヤマさんの動画は本当に大好きで、毎日楽しく拝見しています!KAZUさんありがとう(*´Д`*)


ちなみに、ミヤマごはんさんの動画で頻繁に観てしまうのは、謎の馬りんちゃんの登場回ですw
ミヤマさんの笑い声につられていちいち吹きますwww。そろそろ登場する時期でしょうか?w

故郷・愛別町

故郷と言っても私ではなく奥さんの故郷。毎年の恒例行事ですが、今年もお邪魔してきました。
私の知る限り、ミヤマクワガタの採集地としては最高だと思っております。とにかく数が多い。

IMG_9089.jpeg
田んぼの真ん中にポツンとあるお婆ちゃんのお家。ちなみにお隣の家は1km先で見えませんw

私は今年でおそらく6回目の愛別町(正確には少し違う場所ですが、詳細は伏せます)ですが、
毎年8月のお盆休みにお邪魔しており、今年はそれをクワガタのために早めて突撃しましたw
天気も最高!気合を入れて20ペア分のケースまで持って行きましたが、大きな誤算が1つ。。。

気温です。もう暑すぎる…!!33℃とか34℃なので、内地の方は鼻で笑うかも知れませんが、
札幌の気温とはレベルが違います…。アスファルトルッキング採集wを得意とする私にとって、
熱せられたアスファルトは最大の敵。おそらく熱すぎて、クワガタが道路に出てこないという;
私も普段、日中は冷房の効いたオフィスで過ごしているため、体調を崩しまくって大変でした。

IMG_9019.jpeg
日が落ち始めてきたので一旦終了。去年はワラワラ出てきてたのに、悔しいのう悔しいのう;

IMG_9020.jpeg
初日はミヤマ♀とアカアシ♀のみ…。小さなミヤマ♂は居ましたが、既に弱っていてリリース。

さて、アスファルト採集が出来ないとなると、ルッキング、もし良い場所があれば樹液採集に
切り替えるべく周囲を散策しましたが、なかなか入っていけそうな場所がなくて、樹液の匂い
がするような良い場所も見つけられず悶々としていた矢先、出掛けていたお義母さんが一言…。

「これクワガタ?採ってきたよー」

な、なんだと…!?と見せてもらうと、私が見つけた♂よりも遥かに立派な♂と♀のペアorz
普通に木に止まってた模様。まがりなりにも天然オオクワガタを採ってきた私が、クワガタ
の種類はおろか、♂♀の判別すら出来ない素人のお義母さんに完敗し、メンツ丸潰れwww;

IMG_9092.jpeg
格好良い60ミリの♂(エゾ型)。残念ながらフセツが取れていたため、リリースをしました。

IMG_9127.jpeg
この景色のどこかにきっと居るだろう75ミリのミヤマちゃん。。。お願い!出てきてー!!!

IMG_9057.jpeg
気晴らしに子供達と昆虫採集へ。バッタとかチョウチョとか、30年振りくらいに触りましたw

最終日。こうなったら最後の手段という事で、お婆ちゃんが所有している山を攻める事に!!
誰にも文句は言わせないぞぉ…。バッタバッタと木をなぎ倒して山を蹂躙してやるんだぁ…。

IMG_9157.jpeg
この山です。下半分が亡きお爺ちゃんの所有エリアで、上半分を町が所有しているそうです。

IMG_9170.jpeg
あ、うん…行けない。。。草の壁が2mくらいあるもん。ヘビもいっぱい居るもん。怖いもん。
入れるものなら入ってみろと、お爺ちゃんに言われている気がして、尻尾巻いて逃げました!
結局、4日間猛暑が続き、義母の60ミリを超える♂は採れませんでした…。ダメすぎる(;´Д`)

あれですな。採集において、体力、知識、経験、どれも必要不可欠なのだろうと思いますが、
最も必要なのは「踏み込んでいく勇気」。そんな気がします。私には絶望的にそれが無い…w
来年はお爺ちゃんの山を攻略すべく、鎌を持って地道に道を作っていこうと思ってます(キリッ

愛別町へ

先週は南東へ220km遠征しましたが、明日は北東へ160kmの遠征です(ただの里帰りです)

aibetu2.jpg

きのこの一大生産地として有名な町ですから、オオクワが居ても良さそうなものなのですが、
ミヤマだけで言えばかなりの数が期待出来ます。今年は4日間と少し長く滞在が出来るので、
採集の時間をガッツリ取れると思いますから、目標は大きく75ミリupのミヤマです!(*'ω'*)
厚沢部以来、ミヤマ熱が凄く上がっておりますw。北海道って本州に比べてサイズが出ない
イメージがありますが、ミヤマは肩を並べるか、むしろ大きく、しかもエゾ型が多い!最高。
あとはコクワですね。50ミリのコクワを採って、セーケンさんに褒めてもらうんだ( *´艸`)

ドがつく超田舎のため、クマの遭遇率も半端じゃないのですが、細心の注意を払って採集を
楽しみたいと思います!もしもブログの更新が止まったら、クマに食われたと思って下さい;
Twitterで適宜、採集の様子もツイートしたいと思ってます。誰も気にしてないと思うけどw


あと、忘れておりました。厚沢部遠征の成果ですが、私は以下の個体を持ち帰っております。
・厚沢部産 ミヤマクワガタ ♂71mm、♀43mm、38mm (ブリード予定)
・厚沢部産 コクワガタ   ♂40mm、♀26mm、26mm (おそらく観賞用)
・厚沢部産 スジクワガタ  ♂30mm、♀18mm (ブリードするかも)

ミヤマはとりあえず、43ミリの特大♀の持ち腹に期待して産卵セットを組んでみる予定です。
30℃を超えても20℃を維持する床下があるので、しばらくはそこに置いておこうと思います。
と言いますか、いっそミヤマ用にワインセラー買った方が良いかも知れませんね(本気だw

聖地・厚沢部町(そして伝説へ)

聖地・厚沢部町(前編)
聖地・厚沢部町(後編)

最終日。早朝5時にぴにゃさんが起こしにきてくれるも、コソコソ深夜徘徊をしていた私は
3時間しか寝ておらず、んまぁ眠い眠いwww。ミヤマの♂を見せつけて優越感に浸りつつ、
外を見たらどうも雨だった模様。ただ既に止んでおり、路面が乾くまで少し休もうって事で、
道の駅が開く朝9時まで寝ますか~?という事に。帰りの運転も控えているので有難い休息。

朝8時、ふと目が覚めてしまって、ぴにゃさんを叩き起こし(自己中な行動が目立つ私…w)
旅館の女将さんにお世話になったお礼を言って、早め出発です。まずは散々お世話になった
御神木に立ち寄ると、すぐにコクワ♂をゲット!この木は何度立ち寄っても必ず収穫があり、
我々にとっては本当に救いの木でした。来年以降も必ず立ち寄って、お世話になろうかとw

その後、我々が行ったのは、昨晩のライトトラップが行われていた場所を回って歩く事です。
つまり、昨晩の灯火で集まってきつつも捕獲されず、まだ付近を彷徨っているかも知れない
クワガタを狙うという、大きな声では言えない何とも姑息な作戦w。ただ、これが大正解!

IMG_8829.jpeg
狙っていた70ミリ超えのミヤマ♂!新成虫の証たる黄金の毛でエゾ型。完璧な個体です!
ぴにゃさんが見た事のないダッシュで採ってきて譲ってくれました。大感謝です(*´ω`*)

IMG_8831.jpeg
その後も指に挟んでワッサ~持ってきたw。ただ熊のフンがそこらにあり危険なので退散。

IMG_8833.jpeg
色々と採れましたし、もう帰りましょうかムードの中、スジクワの♂まで発見。凄い凄いw
昨日のボーズと打って変わって、本当に採集を楽しめた2日目となりました。その数分後。

運転している私が得意のアスファルトルッキングで、道路を歩くミヤマ♀らしきを物体を
発見し停止。ミヤマっぽいとだけ伝え、捕獲をぴにゃさんに任せたのですが、帰ってくる
ぴにゃさんの様子が明らかにおかしいw。予感めいた何かを感じつつ、彼の言葉を待つ…。





「ミヤマじゃない!!!オオクワです!!!!!」

なんて言うんでしょうか…。私、あんな興奮している人、生まれて初めて見ましたwww
手は震えてるし、吐きそうになってるし、とにかくうるせーしw、弟さんに電話してるしw
人間不思議なもので、上がっている人を見ると冷静になるというか、勿論興奮はしつつも
「ああ、こんな事ってあるんだ…」と感慨深い気持ちでいっぱいでした。おそらく1分早く
ても遅くても立ち会えなかった奇跡に辿り着いたというか、必死な我々に厚沢部の神様が
贈り物をくれたような、そんな感覚でした。缶コーヒーで乾杯し、友情のシェイクハンド。

IMG_8834.jpeg
厚沢部産♀42.5ミリ。

IMG_8836.jpeg
奇跡の現場。

決して格好の良い採り方ではないし、放虫では?など様々なご意見はあるかも知れませんが、
正直私にとっては放虫云々は重要ではなくて、あの日、あの場所で、虫友さんとあの瞬間を
喜び、共有出来た事、目的を達成出来た事。それが何より大切で、本当に最高の時間でした。
自然を考えると、♀を持ち帰る事に引っかかるものもありますが、我々に念願のワイルドを
手放す余裕などは微塵もなく、有難く持ち帰った点についてはご理解を頂けたら嬉しいです。

そんなこんなで無事札幌に到着し、旅を終えました。オオクワは、ぴにゃさんに託しました。
早速産卵セットを組み、無事幼虫が採れたらNP(ナギ・ぴにゃ)血統と名付けるそうですw

IMG_8828.jpeg

旅費と共に笑顔で送り出してくれた家族、旅に付き合ってくれたぴにゃさん、Twitterで応援
して下さった皆様、そして迎えてくれた厚沢部町、全てに感謝です…。来年も必ず行きます。
3部作の長文になりましたが、読んで下さりありがとうございました。クワガタ採集最高ー!

聖地・厚沢部町(後編)

道の駅で適当にお昼を済ませて、いざ目星を付けていたポイントへ!同じ町内とは言っても、
んまぁ、とにかく広い。中心部から車で30分くらいかけて到着しましたが、やはり土地勘も
無いため、採れそうな場所を見つけてはウロウロすること数時間、まさかのボウズっwww
いったん宿に戻る車中の沈黙がつらすぎましたw。開始間際のテンションどこいった(;´Д`)

IMG_8770.jpeg
ただ良かった点もあり、コクワを確認出来た良い木を見つけた事(ぴにゃさんカッコイイ!)
そして、帰りの道路上で、ミヤマの♀としては結構大きい綺麗な43ミリを捕獲出来た事です。

IMG_8771.jpeg
素晴らしい♀43ミリ。ミヤマもブリードしたいと思ってますので、持ち帰らせて頂きました。
ここで私が体調を崩してダウンorz。仮眠をして少し回復をしたところで、夜の部スタート!

まずはお昼にチェックした御神木へ。ここで多数の黒い影を確認!!ミヤマ♀、スジクワ♀
コクワ♂などの成果をあげてホッとする…。明るいライトさえあれば夜の方が見やすいです。
帰りの道路でも信号待ちをしている際に、コクワ♀を捕獲。道路ルッキング採集が熱いなw

そして大事な事が1つ。ライトトラップを行っている人達を見つけて、その場所を覚える事。
これに関してはしっかり確認出来ました。来年以降のライトトラップに必ず生かしますよ!

ある程度、昼のボウズを挽回したところで、またも私が体調不良を訴え(頭痛が酷かった)
本日の採集を終えて旅館へ戻りました。ぴにゃさんには本当にご迷惑を掛けて申し訳ない…

IMG_8806.jpeg
…なぁーんて、思いつつも、ぴにゃさんに頂いた薬を飲んで、深夜の0時に完全回復した私。
こっそりと旅館を抜け出し、徒歩で近所を散策。オオクワはオレのもんだ!( *´艸`)ウッシッシ

IMG_8811.jpeg
コクワ♀

IMG_8815.jpeg
アカアシ♀

IMG_8814.jpeg
そして大本命のミヤマ♂様キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!。少し尻出ですが、70ミリクラス!
これら個体の殆どが、厚沢部川が流れる橋の上での捕獲でした。やはり水辺は熱いですなぁ。
1時間ウロウロして、ハンディライトのバッテリーが切れたので旅館に戻り、午前2時就寝。

伝説編へ続く(ナニ