FC2ブログ

archive: 2019年04月  1/2

蛹体重ランキング

■整った蛹 TOP10 (6/19現在)①28.2g(1806)  ※完品羽化(87.1mm)②28.1g(1805)  ※完品羽化(84.5mm)③27.7g(1811)  ※完品羽化(85.5mm)④27.5g(1806)  ※翅パカ(86.0mmB)⑤27.3g(1811)  ※完品羽化(86.6mm)⑤27.3g(M1801) ※完品羽化(85.0mm)⑦27.0g(18D12) ※左後脚麻痺(85.5mmB)⑧26.6g(1811)  ※完品羽化(85.0mm)⑧26.6g(1809)  ※完品羽化(86.0mm)⑩26.6g(1809)  ※完品羽化(85.5mm)...

  •  2
  •  closed

拝啓、太郎丸様

太郎丸さんからお譲り頂いた、♂88.1mm同腹の♀51.7mm(緑ラベル)の割り出しです。お相手は勿論、私がyasukongさんからお譲り頂いて所有していた86.5mm早期(故虫)↓♀51.7mmが着弾した際の記事ですhttp://tomoko520215.blog.fc2.com/blog-entry-137.html系統図です。ご本家の血統ですが、3代前まで同じ血が一切無く、太郎丸さんの1番ライン自体の不全を起こさない異常な強さも相まり、強いラインになってくれると信じています。強さ...

  •  0
  •  closed

中原DNA蛹化!

ご本家のうえさんから幼虫をお譲り頂いてスタートした美形の中の美形血統「中原DNA」5頭いた幼虫も1頭が消失し、1頭は拒食して現在も2令ですorz。残った3頭のうち♀2頭は既に蛹化していたのですが、待ちに待った唯1頭の♂が遂に蛹化!大きさは置いておいてとにかく歪んでいない蛹お願い!ヤフオクで♂の補強とか死んじゃう!(値が上がりすぎD4-14(うえさんの管理番号をそのまま使用させて頂いています)最終体重27.1gからの蛹19.6g...

  •  2
  •  closed

厚沢部産、蛹化ラッシュ

北海道の厚沢部町産(♂70.7mm×♀49.2mm)が無事に蛹化ラッシュを迎えております。(採集してきた持ち腹幼虫ではなく、ショップから購入したペアからの幼虫になります)冬の温度が能勢や久留米と一緒では全然高すぎるので、平均10℃~15℃くらいの廊下に1ヶ月出していました。冷蔵庫に入れるべきか悩んだのですが、無事に冬を感じてくれたようで安心しました。ですが、やはりスイッチの入りは鈍かったようで羽化まで13ヶ月かかりました...

  •  0
  •  closed

採卵状況

YGの3番ラインを残して、ひと通り割り出しが終わりました (※はまだ継続中のセット)YG①(1709×1709) ×YG②(1709×1716)  13個 ※YG③(1709×17-YG-1)  7個 ※SR①(SR1707×SR1707)  ×SR②(SR1707×SR1701)  11個祖父江①(17-11×17-3)  22個 ※祖父江②(17-10×17-13)  19個祖父江③(17-10×17-6)  ×久留米①(17-76×17-76)  10個久留米②(17-76×17-45)  19個久留米③(ギネス843直系-1)  6個久留米④(ギネス843直系-2)  8個久留米⑤(ギネス843直...

  •  2
  •  closed

初の自己ブリ♂羽化

初の自己ブリからの♂が羽化。エースラインと位置付けている1801ラインからでした。1801-13(龍さん853×龍さん521)最終体重29.5g、蛹体重19.6gで、サイズは80mmには届かないかな?という感じです。1801ラインはmasaredさんの13年9番直仔を種親に使って、shimaさんの14年2番の血を濃くして顎スラの血を詰め込んだラインです。♂♀共に龍さんからお譲り頂きました。大きさこそ伸びませんでしたが、ディンプルもなく、非常に綺麗な個体...

  •  0
  •  closed

1811ライン

蛹の画像ばかりで恐縮ですが、絶好調の1811ラインからまた良い蛹が出てくれました。1811-21 最終体重35.9gほんの少し脚がズレちゃいましたが、全然希望が持てるレベルの蛹かな?と思います。他のラインを見る限り、蛹も27gを超えてくると一気に難易度が上がる気がしますけど、この程度で抑えてくるあたり流石に安定度が違うな…と思いました(自画自賛ウザイw1811-29 最終体重19.0g♀は2本返しのため、半年放置してしまいましたが...

  •  0
  •  closed

2019割り出し開始

セットから1週間が経ちましたので、齧り具合を見ながらですが割り出しを始めています。今回は植菌材1本掛けでセットしたマツノ久留米1番ライン、厚沢部1番、2番ラインです。マツノ久留米19-1久留米1番ラインはこんな感じで無事に採卵出来ました。17年のマツノインセクト最終ライン17-76のインラインという大変マニアックな配合です。♂は77mmと少し小さいですが、超が付くイケメンですので、綺麗な子を期待しています。厚沢部産190...

  •  0
  •  closed

さらに巨大な蛹

2018年ブリードで42.4gと2番目に体重が乗った子が蛹になりました。こちら↓になります。1805-906/17 2令 S808/30 34.3g GSP11/16 42.4g HT+04/12 34.6g 蛹もう1枚アップで。お腹に付いている黒い部分は脱皮した際に脱いだカスが付着したもの。1805は、30g、31gと不全ながらも大きな蛹が出ていますが、その2頭を遥かに凌ぐ34.6。蛹の形状としてはやはり相当厳しいですが、先の2頭に比べるとまだマシかも知れません。ザックリ...

  •  0
  •  closed

嬉しい誤算(長文)

SRの卵が孵化せず、YGご本家の865は急逝、865を掛けた1901ラインはまさかの空砲、最も体重が乗った1805ラインの蛹化不全の嵐など、ここ最近は良い事がありませんorzただ唯一良かった事は、1811ラインから26.6gの蛹が出てくれた事。そして最近、1811ラインの♂が立て続けに蛹化しました。どの子も蛹室自体は一切問題が無くて、リスクを背負ってまで掘る必要は全くない状況ですが、どうしても確かめたい事があって決行…。勿論、蛹への...

  •  0
  •  closed