FC2ブログ

羽化個体のご紹介

以前ツイートした1803ラインの蛹29.7gが固まりましたので計測しました。顎開き最大値で
88.2mmです。長い方の翅で88.4mmほどありますが、短い方の翅の数値で確定させました。

IMG_88800.jpg
■能勢YG血統 ♂88.2mm(1803-5)
種親♂85.3mm(龍氏) × 515早期(タケセイヨウ氏)
------------------------------------------------------------------
06/08 2令 S8
08/30 30.6g GSP
11/23 35.9g HT+(北斗恵裁園タダノヒラタケ+添加)
04/21 29.7g 蛹 (還元率0.82)
5月下旬羽化
------------------------------------------------------------------

IMG_44550.jpeg
ただ、この子は上翅の僅かながら膨らみと、それに伴う横腹の隙間、♂親ソックリな翅先端
の軽微な開き、そして翅ズレもありますので、上翅に関しては不全と紙一重だった印象です。
同腹成績も、86mm台(顎ズレ)が出ているくらいで、あまり好調ではないラインでしたので、
完全にノーマークな子でした。偶然の産物で運良く出てきてくれた1頭なのかなぁと思います。

IMG_44490.jpeg
しつこくもう1枚。やはり顎が決め手で、この顎が付いてくれたのが、とにかく幸運でしたね。

素晴らしい種親をお譲り下さった龍さん、ご厚意で早期♀を送って下さったタケセイヨウさん、
とりあえず…ですが88mmUPを達成する事が出来ました。本当にありがとうございました!!


もう1頭。2018年ブリードNo1の蛹だと自らハードルを上げまくった1806ライン、蛹28.2gも
無事に羽化をしまして、そろそろ固まりましたので計測をしました。こちらの子になります。
画像では87.3mm取れていますが、87.1~2を指す事の方が多いので87.1mmで管理しますw

IMG_87570.jpeg
■能勢YG血統 ♂87.1mm(1806-28)
種親♂84.0mm(Gull氏1615) × ♀54.0(Gull氏1628)
------------------------------------------------------------------
06/09 初令 S8
09/01 29.2g GSP
11/16 39.1g HT+(北斗恵裁園タダノヒラタケ+添加)
04/21 28.2g 蛹 (還元率0.72)
5月下旬羽化
------------------------------------------------------------------

IMG_38370.jpeg
もう1枚。もう少し顎が真っすぐ伸びてくれたら最高でしたが、幅もあって綺麗な個体です。
早逝したGullさん1615の後継種親として、2020年ブリードの主役となって欲しいですね。


更にもう1頭ご紹介。ギネス866純血ラインの1809からの最大個体。このラインはどの子も
顎の湾曲が強くサイズでは損をしているかも知れませんが、個人的にはかなり好きな形状。
右顎に凹みが出来ちゃったのですが、ギリギリで86mmに届いてくれたのは嬉しいですね。

IMG_86690.jpg
■能勢YG血統 ♂86.0mm(1809-8) ※847系866純血個体
種親♂82.5mm(大鍬悶左衛門氏) × 53.5mm(タケセイヨウ氏)
------------------------------------------------------------------
06/02 2令 S8
08/10 28.7g S3
10/24 33.4g HT+(北斗恵裁園タダノヒラタケ+添加)
04/21 26.6g 蛹 (還元率0.79)
5月上旬羽化
------------------------------------------------------------------

IMG_48850.jpeg
オオクワを始めた当初は、このラインのみでいくつもりでした…懐かしい。かなり血が濃い
ラインなので不全だけ心配でしたが、蓋を開けてみれば健康で還元率が優秀なラインでした。


まだまだ続く。こちらもギネス866純血の1809ラインから。こちらの子はサイズこそ見劣り
しますが、非常に美肌でバランスが良い子で、雰囲気は86.0mmよりも気に入っています。

IMG_84580.jpg
■能勢YG血統 ♂84.0mm(1809-6) ※847系866純血個体
種親♂82.5mm(大鍬悶左衛門氏) × 53.5mm(タケセイヨウ氏)
------------------------------------------------------------------
06/02 2令 S8
08/10 27.7g S3
11/15 28.1g HT+(北斗恵裁園タダノヒラタケ+添加)
04/21 25.1g 蛹 (還元率0.89)
6月上旬羽化
------------------------------------------------------------------

IMG_48660.jpeg
迫力こそありませんが、ウットリするような美形です。28gからの84mmというのも素敵です。


最後に…、B品ではありますが、2018年ブリードで最も体重が乗って、最も死体の山を築いた
1805ラインから。羽化直後から右の前脚が赤くて細く、やがて取れてしまった子になります;

IMG_85500.jpg
■能勢YG血統 ♂86.0Bmm(1805-22)
種親♂84.0mm(Gull氏1615) × ♀54.0(Gull氏1611)
------------------------------------------------------------------
05/24 初令 GSP
08/10 27.6g S3
10/11 33.6g HT+(北斗恵裁園タダノヒラタケ+添加)
12/15 33.8g HT+(北斗恵裁園タダノヒラタケ+添加)
04/21 27.8g 蛹 (還元率0.82)
5月下旬羽化
------------------------------------------------------------------

IMG_49320.jpeg
フセツが欠けたのは現在のところはこの個体だけで、前脚以外は良い仕上がりだっただけに、
こういう子に限って異常が起きてしまうあたり、神様は意地が悪いな…とゲンナリしました。
種として使うかどうかはまだ未定ですが、後脚ではないのでペアリングは問題なさそうです。

はい、長々と書いてしまいましたが、2018年のブリードで目立った個体は以上となります!
数が多いので掲載はしませんが、最も優秀だったのはやはり1811ラインで、86mmを筆頭に
85mmが3頭、84mmも3頭。兄弟みんな蛹化も羽化も余裕で乗り越え、♂の不全はゼロです。
2020年ブリードは88、87mmの個の力と、1811のラインの力、どちらが強いか楽しみです。
スポンサーサイト

2 Comments

ひろパパ  

もう、もう、もうo(TヘTo)

Twitterでコメントを・・・と思いましたが、私はあえてブログコメントで失礼します。
もう、本当におめでとうございます、もう(;へ:)
でもビックリはしませんよ!やっぱりNagiさん凄いや!という感じです。
他にも871に860と・・・先輩やりすぎですよ(やった!やった!ほんとにおめでとうございます!)
Nagiさんの丁寧な管理の賜物でしょうし、来期がさらに楽しみですね!
882!!!おめでとうございます!!!

2019/06/17 (Mon) 21:14 | EDIT | REPLY |   

Nagi  

>ひろパパ様

ありがとうございます!テンション高いっw(感涙
赤みが消えて固まってから1週間測り続けていたのですが、
サイズが882を示し続けたので超えたかな…と思いました。
もっと早くDMで言いたかったのですが、我慢しましたw

ひろパパさんにも特大の子が待っていると思いますので、
その際は私もハイテンションでお祝いします( *´艸`)

あと自分、後輩ですから…(/・ω・)/

2019/06/18 (Tue) 09:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い